旦那(夫)の浮気現場を目撃したときの失敗

旦那(夫)の浮気現場を目撃したときの失敗について

どちらかというと女性の方が感情的になりやすいため、旦那の浮気現場を目撃したら許せないと踏み込む方はかなり多いです。もちろんすべての人がそうであるとは限りませんが、浮気を疑っている中で浮気現場に遭遇してしまうと、今までこらえていた感情が一気に爆発してしまったという方はかなり多くなっています。

 

上記のようなケースではホテルに出入りしている写真を撮影するつもりだったのに、怒鳴り込んでしまい失敗してしまったということがよくあります。また自宅が浮気現場になっていたというケースでは浮気相手が使ったベッドやシーツ、布団、寝室、浴室なんて気持ちが悪いと暴れまわってしまい、家具や家電類また窓ガラスや室内ドアを破壊してしまったという方もいます。後から冷静になると修理代がかかり困ってしまいます。

 

次に浮気現場を実際に目にしたわけではないのに、旦那を追及するような言動をしてしまい証拠が入手できないまま相手に離婚を告げられてしまったという方もいます。疑っているだけでは慰謝料を請求することはできません。損害賠償を求めるには動かぬ証拠が必要ですが、情報収集する前に相手を問い詰めてしまうのは厳禁です。夫の浮気を疑っているとイライラしてしまう、ダンナが外で何をしているのかそのことばかり考えて家事や仕事が手につかないという方は一度、浮気や不倫問題のプロに相談してみることをおすすめします。ただ話を聞いてもらうだけでもストレスの解消になりますよ。

 

⇒浮気現場の探偵事務所・興信所一覧